お盆休みのお知らせ

荒川区東日暮里にあるリサイクルショップあうんです。

8月13日(日)~8月16日(水)までお休みいたします。
ご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、
どうぞよろしくお願いいたします。

山の日8月11日は営業してますよ~。

暑い日が続きますが水分補給をこまめになさって、
夏らしさを楽しんでお過ごしくださいね。

tag : リサイクルショップ 荒川区

「荒川ひまわり」さんのクッキー

東京都荒川区東日暮里のリサイクルショップ
「リサイクルショップあうん」です。

先日も紹介した「荒川ひまわり」さんのクッキーですが、
今回お届けいただいたクッキーも新しい試みがなされていました。

何かというと、まず「レモンピールとくるみ」のクッキーの形が星型になっています。
利用者さんのクッキーづくりへの愛とか自主性が生かされているんだろうなと想像されます。
次回は通常パターンになってしまうので、ご希望の方はお早目にどうぞ◎

IMG_2736.jpg


そして次が「ソルティバニラ」、これは昨年も販売していた夏限定の商品です。
すこーし塩味の楽しめるこのクッキーは、お客様からの声を反映して今年は少し大きめサイズにされたそうです。

夏場は粉ものお菓子が売れづらくなってしまうと思うのですが、
本当に驚くほど毎回改良されています。
こんなに愛情をかけてもらっているクッキーは他になかなかないように思います。




先日は当店「リサイクルショップあうん」のお客様がなんと150個ものクッキーを予約してくれました。
どういった経緯で購入くださったのかと尋ねると、
ご自身の息子さんも障がいを持っていらして、リハビリテーション施設に持っていってくださるとか。
リハビリ施設に通ってこられる障がいのある方たちに紹介してくださるとおっしゃっていました。

こういった交流は本当に嬉しいですよね。
リサイクルショップあうんが地域の多様な人が出会うきっかけの場所となることは本当に有難く思います。
ただモノを販売するというだけでなく、人が出会う場所になり、安心して集える場所になり、
多様さとは逆の差別や排除に×と言える場所でありたいです。



山谷夏祭りに参加しました


東京都荒川区東日暮里の 「リサイクルショップあうん」 です。


先週末は山谷・玉姫公園で行われた「山谷夏祭り」に参加してきました。

本当に暑い時期に行われるこのお祭りは、
日雇い労働者の街である「山谷」で暮らすおじさんたちが、様々な事情で故郷で帰れない寂しさをいやし、そしてまたこの後も頑張って生きて行こうと仲間同士が助け合うためのお祭りです。


私たち企業組合あうんを支えてくれた、そして今も支えてくれているスタッフや仲間には、
この山谷で仕事をしてきた人や、山谷付近で野宿をしていた人などがいます。

私たちは設立当初からこの「山谷夏祭り」の趣旨に賛同し、毎年屋台出店という形で参加しています。

当日は、あうんのスタッフだけではなく、
貧困や差別とたたかうネットワークでもある 「フードバンク」や「隅田川医療相談会」のメンバーや仲間達も一緒にわいわい屋台出店を楽しみました。この暑い中焼きそばを焼くのは本当に大変だろうに、毎年その役目を率先して引き受けてくれる仲間もいます。屋台で販売するものは、基本的に1つ50円。お金がない仲間も楽しめるよう様々な工夫がされていて、アルミ缶の買取りをしてそのお金で屋台のご飯が楽しめたり、ポリバケツで用意する無料のウーロンハイも山谷ならではの光景です。


「山谷」という場所柄、当日の写真は載せられないのですが、
普段なかなか安心して楽しむ場所の少ないおじさんたちにとって他には代えがたいお祭りだなと思います。

昨年亡くなってしまったあうんのスタッフでもあった「山谷の玉三郎」も、このお祭りを本当に大切にしていて、
夏祭りが近づくと、浴衣を着てあうんに来て、盆踊りでかけるCDのことを心配していたりしていたことが思い起こされます。

今年は玉さんの踊る姿が見れなくてなんだか寂しいなと思いながらも、
病気から解放された玉さんは、きっと山谷に帰ってきていて大勢の仲間と時にケンカをしながら酒を飲み、盆踊りを踊っているでしょう。


現在の私たちも「日雇い雇用」「派遣労働」という保証の少ない立場で働く人が多いけれど、
仲間同士のつながれる場所とか仕組みとか、どうやってつくっていけるのかを考えていきたいと思います。



tag : リサイクルショップ 夏祭り

あうん漂流記 ~その1~

今回から週に一度、企業組合あうんの歩んできた歴史をお届けしたいと思います。
2010年にリサイクルショップあうんにお越しくださるお客さまとのコミュニケーションを図るためにはじまった
このフリーペーパーの「あうん通信」第一号にはまず挨拶とともに、このような文章で始まりました。


---------------------------------

知っている方もいると思いますが、あうんのお店は普通の会社とは少し違います。
「あうん通信」は、あうんがどういう趣旨で運営されていて、どのような人たちが働いているのかを知っていただきたいと思って発行に至りました。
また、お客さんにお手紙を書くような感じでちょっとした気づきなどを載せることが出来ればいいなと思っています。
知りたいこと、載せてほしい情報がありましたら是非お声をかけてください。

----------------------------------

このフリーペーパーを発行した2010年は、あうんに若いスタッフも増えてきて少しずつ新しい取り組みがはじまったり、
今後お店をどんな風にしていくのか、などをよく話し合っていたように思います。
そんな中、あうんが取り組んでいる「協働労働」のことをもっと積極的にお客様に知っていただき、
応援していただいたり、便利に活用していただきたいと思って始めました。

地域の皆さまに支えてもらったからこそ、お店を続けることができたことに感謝をし、
最近出会った方にも、あうんの歩んできた道を知っていただければ、と
「あうん漂流記」という連載を載せることにしました。





「あうん漂流記」 2010年2月発行


 あうんは、2002年の暑い暑い日、5名のスタッフで、産声をあげました。

ほぼ、半年間の準備段階を経て、恐る恐る踏み出した第1歩でした。東日暮里2丁目の20坪程の事務所倉庫を借り、売り場面積10坪あったでしょうか、とにかく寄付で集めた衣類を並べ、今考えると、とてもお店とは言えないようなスタートでした。

開店第1日目、はたしてお客さんは来てくれるのか、半信半疑の中、忘れもしない第1号のお客さんは近くの工場に勤めるフィリピン人のおにいさん、その後、好奇心旺盛な近所の方々が、1人2人とぽつぽつお店をのぞいてくるようになりました。当時家賃が13万円、1ヶ月目の売上約13万円、これで家賃が払えるとみんなで大喜びしたのを覚えています。
もちろん給料はなし、寄付されたお米を配って現物支給、お昼も納豆や仲町商店街で買ってきた25円のコロッケを食べていたのを懐かしく思い出します。

 当時、地域の方々は、あうんをどう見ていたのでしょうか?きっと突然現れた訳のわからない集団といったところでしょうか。商売とは無縁そうな50代のおじさんたち、毎日毎日集まっては、武骨な手で洋服を仕分けしている様子は、ちょっと不思議な光景ですよね。

地域の方やお客さんたちと名前で呼び合えるようになった頃、あうんの趣旨をお店でも打ち出すようになりました。あうんは「ホームレス」支援から出発していること、野宿している人達も含めて、仕事づくりをしているということ、びくびくしながら打ちだした「あうんの趣旨」は、驚くほど抵抗なく受け入れられたように見えました。「ホームレス」というひとくくりにした顔のない関係から、○○さんという名前のある関係へ変わることが、こんなにも重要なことだということを実感した体験でした。


659.jpg


↓↑ 2010年当時の店舗の様子です。まずは中古衣類の販売から始まりました。


660.jpg

tag : リサイクルショップ フリーペーパー

洗濯機の分解清掃について




荒川区東日暮里でリサイクルショップを運営しております
リサイクルショップあうん」と申します。

8月に入ったと思ったら・・・なんだか秋を予感するような・・・猫もらくちんな涼しさの・・・今日はそんな日です。



当店で販売している 洗濯機 について今日はお伝えしたいと思います。

仕入先や買取り先から持ち帰った洗濯機はまず動作チェックから始まります。

① タオルを数枚いれて、洗い → すすぎ → 脱水 と動作に不具合がないかを確認します。

② そのあと、水位を最高位にしてさらに点検をします。ごくたまにではありますが、水が最高位までたまっても止まらないという不具合のある洗濯機もあるのでこの点を確認します


③ 動作確認時に汚れの多いものについては、分解清掃を行います。 
  分解しないとみることができない、洗濯槽の外のよごれをここでお見せしちゃいます♪

652.jpg


この洗濯機が特別汚いということではなく、これはよくある汚れです。
洗濯槽の周りに穴の開いていないタイプの洗濯機も増えてきましたが、本当に汚れがたまりやすい構造です。
底の溝なども含めて、なぜこんなに汚れがたまりやすい構造になっているのか本当に謎です。

メーカーさん!

外見だけではなくて、汚れがたまりにくい、もしくは汚れがたまっても分解することなく家庭で汚れを綺麗にできるそんな洗濯機が求められていると思います!

そんな汚れを、ケルヒャーなどの高圧洗浄機ですみずみまで洗浄!
(返り血ならぬ返りヘドロを浴び、よく「ウゲっ!」となっております)

そうすると・・・・ こんなに綺麗に★


653.jpg



この洗濯槽を入れていた本体の方の汚れも・・

こんなから
654.jpg

こんなに綺麗に★

655.jpg


はぁ・・・本当に恐ろしいですね・・・見なかったことに、知らなかったことにしたいくらいですよね。。
汗のような軽い汚れなら、洗濯機で洗わない方が綺麗なのでは・・・なんてことを思ってしまったり。。


(気を取り直して!)
兎にも角にも! 当店でご購入いただく洗濯機は分解洗浄も行っているので是非安心してご購入ください◎



tag : リサイクルショップ 洗濯機 洗濯機の分解洗浄

プロフィール

あうんショップ

Author:あうんショップ
荒川区東日暮里にあるリサイクルショップあうんに入荷した商品の情報を最速でお知らせします。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR