FC2ブログ

あうん漂流記 ~その3~

荒川区東日暮里の「リサイクルショップあうん」です。
2002年にはじまった、企業組合あうんは、様々な背景を抱え働くことが困難な状況にある人が集まり、それぞれの良さを活かしながら働こう!と始めた仕事おこしの取り組みです。

2010年にリサイクルショップあうんの店内で配布された、
「あうん通信」はお客様に私たちの設立の経緯や目指していること、スタッフのことを知っていただきたいと思って始めたものです。

その中にある「あうん漂流記」はあうん設立当時の事業を運営していく大変さだけでなく、
おもしろさや仲間同士の雰囲気がわかるものだと思います。





-------------------

「あうん漂流記 その3」 2010年4月発行

  →その1はこちらからどうぞ

  →その2はこちらからどうぞ



 東日暮里2丁目の店舗兼事務所はすぐに手狭になりました。便利屋が始まると、家具や家電も増えてきて、やっぱり捨てるのはもったいないし、売れるものは売ろうということに。お客さんの御厚意で、お店のすぐ前に倉庫の片隅を格安でお借りしました。  

ところが、2005年にそこが、売りに出されることになり、大慌てで新しい物件を探しました。

そこで見つけたのが、現在の1丁目の衣類の店舗と事務所です。事務所部分を衣類のお店、隣を家具家電のお店として、本格的に家具家電を取り扱うようになりました。ただ、お店として使われていたわけではないので、リフォームが必要になります。安くするためにも、リフォームは自分達の手で、ということになりました。
そこで活躍したのが、ペンキのたまさん、大工の舘さんです。現在の事務所の床を貼ったのは、あの湯浅誠です。お店の看板を書いたり、本当に手作りのあうんでした。
引っ越しも大騒動!!当時学生ボランティアとして引越しを手伝ってくれた田中入馬君は、現在ではあうんの中心スタッフです。

 2006年の2月、現在の東日暮里1丁目で本格的に衣類、家具家電を取り扱うお店としてあうんは新たなスタートを切りました。2丁目のお店から引き続き来て下さるお客さん、引越してきたことで、新しくおなじみになったお客さんと、お客さんの数もだんだんと増えていったのが、この頃です。
とはいえ、今と較べてみれば、まだまだ本当に小規模で、増えた家賃と人件費は到底お店の売り上げでは賄えない状態でした。 

当時、今は亡き井上さんを中心に、土曜日、日曜日になると衣類や雑貨を持って、明治公園や錦糸公園等、フリーマーケットに朝早くから出掛けて行ったのが、なつかしく思い出されます。


DSCN0283.jpg



今も昔も、お客さまへの感謝といえば「餅つき」のあうんです。もちろん無料で振る舞います。
毎年楽しみにしてくださる方が大勢いました。

モチツキ2008,2,11-003



S
スポンサーサイト
プロフィール

あうんショップ

Author:あうんショップ
荒川区東日暮里にある「リサイクルショップあうん」です。
お店からのお知らせ、商品の入荷情報、その他様々なことを共有させていただきます。

★オンラインの家電ショップもございます★
http://awn-recycle.com/ 

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR