「荒川ひまわり」さんのクッキー

東京都荒川区東日暮里のリサイクルショップ
「リサイクルショップあうん」です。

先日も紹介した「荒川ひまわり」さんのクッキーですが、
今回お届けいただいたクッキーも新しい試みがなされていました。

何かというと、まず「レモンピールとくるみ」のクッキーの形が星型になっています。
利用者さんのクッキーづくりへの愛とか自主性が生かされているんだろうなと想像されます。
次回は通常パターンになってしまうので、ご希望の方はお早目にどうぞ◎

IMG_2736.jpg


そして次が「ソルティバニラ」、これは昨年も販売していた夏限定の商品です。
すこーし塩味の楽しめるこのクッキーは、お客様からの声を反映して今年は少し大きめサイズにされたそうです。

夏場は粉ものお菓子が売れづらくなってしまうと思うのですが、
本当に驚くほど毎回改良されています。
こんなに愛情をかけてもらっているクッキーは他になかなかないように思います。




先日は当店「リサイクルショップあうん」のお客様がなんと150個ものクッキーを予約してくれました。
どういった経緯で購入くださったのかと尋ねると、
ご自身の息子さんも障がいを持っていらして、リハビリテーション施設に持っていってくださるとか。
リハビリ施設に通ってこられる障がいのある方たちに紹介してくださるとおっしゃっていました。

こういった交流は本当に嬉しいですよね。
リサイクルショップあうんが地域の多様な人が出会うきっかけの場所となることは本当に有難く思います。
ただモノを販売するというだけでなく、人が出会う場所になり、安心して集える場所になり、
多様さとは逆の差別や排除に×と言える場所でありたいです。



スポンサーサイト

山谷夏祭りに参加しました


東京都荒川区東日暮里の 「リサイクルショップあうん」 です。


先週末は山谷・玉姫公園で行われた「山谷夏祭り」に参加してきました。

本当に暑い時期に行われるこのお祭りは、
日雇い労働者の街である「山谷」で暮らすおじさんたちが、様々な事情で故郷で帰れない寂しさをいやし、そしてまたこの後も頑張って生きて行こうと仲間同士が助け合うためのお祭りです。


私たち企業組合あうんを支えてくれた、そして今も支えてくれているスタッフや仲間には、
この山谷で仕事をしてきた人や、山谷付近で野宿をしていた人などがいます。

私たちは設立当初からこの「山谷夏祭り」の趣旨に賛同し、毎年屋台出店という形で参加しています。

当日は、あうんのスタッフだけではなく、
貧困や差別とたたかうネットワークでもある 「フードバンク」や「隅田川医療相談会」のメンバーや仲間達も一緒にわいわい屋台出店を楽しみました。この暑い中焼きそばを焼くのは本当に大変だろうに、毎年その役目を率先して引き受けてくれる仲間もいます。屋台で販売するものは、基本的に1つ50円。お金がない仲間も楽しめるよう様々な工夫がされていて、アルミ缶の買取りをしてそのお金で屋台のご飯が楽しめたり、ポリバケツで用意する無料のウーロンハイも山谷ならではの光景です。


「山谷」という場所柄、当日の写真は載せられないのですが、
普段なかなか安心して楽しむ場所の少ないおじさんたちにとって他には代えがたいお祭りだなと思います。

昨年亡くなってしまったあうんのスタッフでもあった「山谷の玉三郎」も、このお祭りを本当に大切にしていて、
夏祭りが近づくと、浴衣を着てあうんに来て、盆踊りでかけるCDのことを心配していたりしていたことが思い起こされます。

今年は玉さんの踊る姿が見れなくてなんだか寂しいなと思いながらも、
病気から解放された玉さんは、きっと山谷に帰ってきていて大勢の仲間と時にケンカをしながら酒を飲み、盆踊りを踊っているでしょう。


現在の私たちも「日雇い雇用」「派遣労働」という保証の少ない立場で働く人が多いけれど、
仲間同士のつながれる場所とか仕組みとか、どうやってつくっていけるのかを考えていきたいと思います。



tag : リサイクルショップ 夏祭り

8年つれそった後の別れ



働きはじめてから約8連れ添った仲間との別れがありました。

いつも私が働きやすいように支えてくれて・・・なんだかちょっと悲しいです。




お別れの相手というのは、





このズボンです!!


       631.jpg



8年前に一緒に働く仲間から譲ってもらったこのズボン。
毎日はいていた訳ではないけれど、週に2-3回程度のお付き合いでした。


ズボンの裾が破れてきたのは何年か前ですが、ついに膝の破れが大きくなってきて、
さすがにこれは、、セクシーすぎ? ワイルドすぎ? ということで、
今回はさようならをしようと思います。


雨に濡れても色変わりがしにくいこと、

ウエスト部分がボタンタイプじゃなくて、ホックタイプだということも、あなたをとっても好きだった。。

さよなら・・・  ズボン・・・ずぼん。。







tag : リサイクルショップ

野菜を介した近隣の皆さまとの交流


リサイクルショップあうん」の隣のお宅からゴーヤの赤ちゃんをいただきました。
10cmくらいの可愛いサイズです。

私たちは特別に植物を育てたりしていないのですが、
ご近所さんが育てているゴーヤ、きゅうり、ミニトマト、ピーマンなどの成長を見ることがひそかな楽しみです。

今日も「ゴーヤ、大きくなってきてますね! 暑いから植物も大変ですよね」とお話していたところ、
この赤ちゃんゴーヤをいただきました。 一人暮らしにぴったりなサイズで嬉しいです。

629.jpg    630.jpg


(ちょっと心配なのは、この会話が「ゴーヤがほしい!」「ゴーヤが食べたい!」とプレッシャーをかけてしまっていたら・・・ということ、
いただけたらとっても嬉しいけれど、ご近所さんとの何気ない会話や、植物の少しづつの成長が嬉しいのです。)


家庭菜園や家の生垣を整えたり、ドアに飾るリースや飾りなんてものの、季節のめぐりをそれぞれが喜ぶということだけではなくて、
近所の方との会話を生むきっかけになるからこそ多くの方が楽しんできたのだと思いました。


tag : リサイクルショップ ゴーヤ 家庭菜園

暑い夏に思うこと

3年前の2014年、私たち「リサイクルショップあうん」は冷房を導入しました。

リサイクルショップあうんのある建物は以前工場だったこともあって、
梁などがむき出しになっている建物です。

夏になると外側の壁が熱された鉄板のようになって、店内はもちろん2階のバックヤードもものすごい暑さになっていました。
その当時は(まぁ当たり前ですが)何年か分私たちスタッフも若かったので、

「暑い、暑い」とギャーギャー言いながらも、その夏らしい暑さを楽しむ余裕があったような気がしています。



けれど、私たちのお店にお越しの方はお年寄りの方も多く、
できればここを居場所としてゆっくり過ごしてほしいと願っているのに店内がこんだけ暑いというのは、皆さんを帰らせてしまうのではないか、という声があがり、冷房を入れる決断をしました。


お付き合いのある建築士さん、工務店さんに相談すると、
「たとえエアコンを入れても、外壁をなんとかしないと外から熱せられているので意味がないかもしれない」という答え。
せっかくエアコンを導入するなら、考えられる中でも最善の方法をとりたいと、店内の壁に断熱材を入れることにしました。

ただし、元々が工場の建物なので、とっても障害物が多い。
店内にはたくさん梁がむき出しになっていて、また使われなくなっている機材が残っていたりとしています。
その間を丁寧に断熱材を入れる根気強い作業をしてくださった職人さんに感謝です。


今は大きな業務用エアコンが1階に3機、2階に1機あります。
私たちが作業する場所にはエアコンがないので、かなり暑くはありますが、断熱材のおかげで以前よりはかなりマシだし、
なにより、バックヤードから店内に戻れば涼しいということで、こんなにも体が楽なのかと毎年夏が来るたびに思います。

624.jpg


625.jpg



何年前かのエアコン導入に踏み切るか迷っていた私たちに言いたい!

「エアコン導入は大正解ですよー! 私たちだってずっと若いわけじゃない!だんだん身体がしんどくなるぞ!」



・・・少しずつ継ぎ足し継ぎ足し、改良しているリサイクルショップあうんはまだまだ進化の途中です。

ご近所の方も、少しと遠くからお越しくださる方も、日本人も、外国にルーツを持つ方も、子どもも大人も、
あとは何だろう・・・たくさんご購入下さる方も、何も買わない人も、前に何かを買ってくださった方も、



あうんとご縁のあった皆さんに楽しんでいただけるように、進化していきたいと思います。




tag : リサイクルショップ エアコン 暑い夏

プロフィール

あうんショップ

Author:あうんショップ
荒川区東日暮里にあるリサイクルショップあうんに入荷した商品の情報を最速でお知らせします。

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR